介護福祉士国家試験、「実務3年」の取り扱い変更へ

厚生労働省は、来年度の介護福祉士国家試験から、実務経験者に求められる経験年数の取り扱いを変更する方針を固めました。
現在は、筆記試験の前日までに3年以上の経験があると見込まれることを受験資格としていますが、来年度の国家試験から、「受験年度末までに3年以上」に変更することとしました。この変更により、特に年度初めに就職する多くの介護職員にとって、実務経験の規定を満たしやすくなることが期待されるとしています。
これから受験を目指す方にとっては朗報と言えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>